きれいな鳥取の海をわたしたちが守ります!

天然岩ガキ「夏輝」とは

  • HOME »
  • 天然岩ガキ「夏輝」とは

natuki01鳥取県の夏の味覚天然岩ガキが旬を迎えました。ミネラルやビタミン類が豊富で、「海のミルク」と呼ばれるほど栄養価が高く、夏バテ防止にうってつけです。

岩ガキは鳥取県をはじめ日本海の数ヶ所でしか獲れない貴重な海産物です。特徴は、岩のような風貌の大きな殻と濃厚な風味です。

口当たりは滑らかで、特に産卵前の7月から8月中旬が最もおいしい季節です。
鳥取県では、平成19年において、6月から8月中旬までに約160トンの生産を見込んでいます。

 

 

「夏輝」のおいしい食べ方

一般的な食べ方は、冬に食べる「真ガキ」と同じで三杯酢で和える酢ガキ、殻ごと軽く焼く焼きガキ、カキフライ、カキ飯などの料理方法がありますが、鳥取県ではレモン汁を落とし、生でまるごと豪快に口にほうばるのが基本で、濃厚で独特の風味があり、これが一番おいしい食べ方として定着しています。

 

 

ブランド化の取組み

natuki02鳥取県の漁協では、平成17年より岩ガキのブランド化に取り組んでおり、県内で採取された”天然岩ガキ”に『夏輝』(なつき)というブランド名をつけて販売しています。

また、その中でも下殻が平らで全体的に外観が平べったい”ヒラガキ”で、殻長が13cm以上ある高品質のものに、ブランドラベルをつける取り組みを行っています。このラベル付き岩ガキは、水揚げされるカキの内、わずか1割程度しかなく希少価値が高く、夏輝ブランドの主役といえます。

その名のとおり、鳥取の夏の海のように輝きを放つ、夏の特産品としてブランド化を推進しています。平成19年6月1日は、鳥取県の水産物としては初となる、商標を登録しました。

 

natuki03

PAGETOP
Copyright © 鳥取県漁業協同組合 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.