ハタハタの主産地である鳥取県と秋田県が連携し、東京築地にて平成26年11月29日・30日に「第4回秋田・鳥取うまいぞ!ハタハタフェスティバル」が開催されました。
イベント内の「HATA-1グランプリ」で鳥取県漁業協同組合が事務局である鳥取県産魚PR推進協議会の『ハタハタの一夜干し焼き』が第1位を獲得しました。
昨年は秋田県がベスト3を独占しましたが、今回は鳥取県が雪辱を果たしました。

「HATA-1グランプリ」とは

鳥取・秋田両県から16店舗、計18品のハタハタ料理が参加し競うコンテスト
【詳しくはこちら】

 

hata_no1_b1 hata_no1_b2 hata_no1_b3 hata_no1_b4

 

『ハタハタの一夜干し焼き』は、鳥取で古くから食べられているハタハタの調理法。絶妙な塩加減と脂ののりが魅力。今後も県内外の多くの方に味わっていただけるようPRしていきます。

hata_no1_bottom